中古車売るなら個人店?意外としらない高額査定の秘密

事故車でも諦める必要はありません

事故を起こしてしまった自動車、あるいは事故歴があるような自動車は、業者さんに自動車の買取をして貰う事が出来るのでしょうか。

 

結論から言えば出来るのです。

 

かつては、事故を起こしてしまったような自動車でしたら、廃車にするしか無い判断をされていました。
他にも、スクラップにするしか無いだろうというケースも
ありました、だけれども、最近では、その部分の事情に少し変化が起こっているようです。
それはどういった事なのでしょうか。

 

まず、事故車だとしても使い道が全く無いという訳では無いのです。

 

ではどのような所に使い道があるのだろうかと考えますよね。

 

まず、事故を起こしたとしても、そこまで、ダメージが大きくない自動車、
あるいは修復をすれば走るような自動車ですと、
買取業者さんの中では、事故車として扱わないケースも多いのです。

 

だから、事故歴があるからといって、売れないと考えない方が良いと思います。
買いとってくれる業者さんは沢山あるのです。

 

それだけでは無く、例えば、部品などがありますよね。

 

こういった部品では破損をしていない所もありますので、
それを業者さんは流用するという訳なのです。

 

他にも、海外へ販売ルートを持っている業者さんも存在しているのです。

 

海外では少々壊れていたとしても気にはしません。
だから、業者さんとしても利益を出すので、買取をしてくれるケースもあるのです。
こういったケースがあるので、諦める必要は無いでしょう。

車買取のやり取りは、ある意味営業セールスに似た一面があると思います。

 

まず査定士の方々は、当然営業を行ってきます。買取り業者の営業マンとして、車の査定を行っているからです。ですので業者の方々は、もちろん営業活動を行っていると言えるでしょう。営業活動の為に、世間話などが行われるケースも多々あるそうなのですが。

 

しかしそれは業者だけではありません。車を売る一般顧客の方々も、実は営業活動を行っているのです。
そもそも業者に対して車を良く見せなければいけません。アピール要素がある訳です。アピール要素があるのは、どこか営業活動に似ていると思いませんでしょうか。

 

また車の良さをアピールするためには、自分でも車の色々な箇所を確認しておく事が大事だと思います。自分が持っている車のどの部分が良く、どの部分に難点があるのかをまとめておく方が良いと思うのです。それをメモ帳などに箇条書きにしておいて、査定士とやり取りをする時にメモ帳を参考にしながらアピールします。

 

その行動は、営業マンのやっている事とそっくりです。営業マンも、よくメモ帳など紙媒体などを用いて営業活動を行っているからです。

 

もっとも顧客は、名刺は持っていませんね。業者に対して名刺を提示する事がありませんが、ある意味営業活動だと私は思います。

 

つまり車を売る顧客の方々が営業活動を行っていて、なおかつその車を買い取ってくれる業者も営業をしている訳です。ですので車買取という手続きは、ある意味営業マン同士のやり取りとも言える訳ですね。
【パッソ買取】損せず満足のいく査定額を引き出すテク

 

一番肝心なのは、とにかく交渉が発生するという点です。顧客としては、交渉に先立って事前準備を色々と行っておくのが大事だと思います。

続きを読む≫ 2014/09/13 02:13:13

車に附属しているパーツは、車買取の査定金額には影響があります。

 

例えばカーナビなどは、査定金額に影響を及ぼします。そうかと思えば、カーオーディオなども車の査定金額に対して影響があるのですが。車の各パーツというのは、査定金額と大きな関係がある訳ですね。

 

ところで各パーツと査定金額の関係を総括的に見てみますと、パーツの珍しさと新しさという2つの要素が大事だと思います。

 

例えば、車の安全装置があります。車が何かに衝突しそうになった時に働く安全装置なのですが、それが備わっている車というのは限られている一面もあるのです。中には非常に高機能かつ珍しい安全装置もありますね。珍しい装置が有るの車は、買い取り時の金額が高めになりやすいと言われています。音声認識によるカーナビなども、比較的珍しいですね。レアなパーツは、査定には大きな影響があります。

 

それともう1つの新しさですが、上記でも少し触れたカーナビなどがその良い例だと思います。基本的にカーナビは、新しい方が高く評価されます。旧式のカーナビよりも、最新型のカーナビの方が車の買取業者としては高く評価するケースが多いのです。それとカーオーディオも同様です。やはり最新版のオーディオの方を、業者は高く評価する傾向があります。

 

ですので車のパーツに限っては、珍しさと新しさの2つの要素が重要と言えます。もしも新しいパーツが付いている車を保有しているのでしたら、査定士の方々に対して大きくアピールをしても良いでしょう。珍しいパーツも同様です。
タント 買取

 

しかし例外もあります。旧式であっても高く評価されるパーツもありますので、パーツ交換をしている場合などは必ずそれを保管しておくのが大事だと思います。

続きを読む≫ 2014/09/12 22:44:12

不要になった車を処分する方法は主に2つあるのですが、その中の1つは廃車です。特定の業者に依頼をして車を処分する手続きになります。

 

ところで廃車でのデメリットは、費用です。廃車手続きでは、費用は発生します。無料ではありません。

 

ではどの程度の費用が発生するかというと、数万円程度はどうしてもかかります。まず車を購入している時には、リサイクル券が発行されているはずです。そのリサイクルのための費用がかかる訳ですが、それは数万円程度はかかる事になるのです。ちなみに車の大きさと廃車費用は、相関関係があります。大きな車の場合は、費用が割高になる事が多いようです。

 

また車を解体する為には費用がかかるのですが、1万円程度というケースが多いようです。

 

このように諸々の費用がかかるのが、廃車手続きのネックだと思います。ところが車買取の場合は、そのネックがありません。

 

車買取というのは、車を売却する訳です。依頼主に対して費用がかかる事がありませんので、換金できる点が車買取のメリットですね。しかも業者は自分が不要になった車を引き取ってくれるのですから、車買取のメリットは大きいと思います。

 

しかし人によっては「私の車の場合はかなり状態が悪いので買取は困難」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。ところが車買取の業者が買い取ってくれる車は、案外と範囲が広いものです。一見すると買い取りが困難に見えていても、いざ査定をしてみたら買い取ってくれたという事例も多々あります。

 

ですので車を処分するのは、まずは車買取の業者を優先的に考えた方が良いと思います。たいていは買い取ってもらえます。それでも困難な場合は、廃車にするというやり方が良いでしょう。
シエンタ 買取

続きを読む≫ 2014/09/12 15:34:12